医薬品や化粧品の個人輸入


輸入者自身が自己の個人的な使用に供することが前提ですので、輸入した医薬品等を、ほかの人へ売ったり、譲ったりすることは認められません。ほかの人の分をまとめて輸入することも認められていません。


医薬品

※ 外国では食品(サプリメントを含む。)として販売されている製品であっても、医薬品成分が含まれていたり、医薬品的な効能・効果が標ぼうされていたりするものは、日本では医薬品に該当する場合があります。

● 外用剤: 標準サイズで1品目24個以内 (毒薬、劇薬及び処方せん薬を除く。)

      * 外用剤・・・・・軟膏などの外皮用薬、点眼薬など

● 毒薬、劇薬又は処方せん薬:用法用量からみて1ヶ月分以内

● 上記以外の医薬品・医薬部外品: 用法用量からみて2ヶ月分以内


化粧品

● 標準サイズで1品目24個以内

  1. * 例えば口紅の場合、ブランド・色等にかかわらず24個以内

  2. * パレットは24色以内

医療機器

※ 一般の個人が、医家向けの医療機器の輸入はできません。

● 家庭用医療機器(例えば、電気マッサージ器など)・・・1セット

● 使い捨て医療機器(生理用タンポン、使い捨てコンタクトレンズなど)・・・2ヶ月分以内

● 体外用診断薬(例えば、排卵検査薬など)・・・2ヶ月分以内


詳しくは医薬品等の個人輸入についてをご参照ください。


#化粧品の個人輸入 #海外化粧品 #サプリメントの輸入 #海外サプリメント #医薬品の輸入





Recent Posts

See All

個人輸入の関税について

海外から商品を輸入する場合、個人使用の品物または贈り物であっても、原則としてその商品に対して関税が課されることとなります。 ●個人輸入の形態としては、 ①輸入者自身が購入したい品物を直接、外国の通信販売会社、小売店、メーカーなどに注文して、そこから直接購入する方法 ②輸入代行業者に注文して、その代行業者を通じて輸入する方法 などがあります。 商品価格の合計額の60%が1万円以下の物品の輸入について

favicon.png
  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Instagram Icon

Copyright © 2020, ImportSquare, All Rights Reserved

横組カラーロゴデザイン背景透明-RGB-72dpi-横1000pixel.png